街の珈琲屋さん通信

街の珈琲屋さん通信

 

街の珈琲屋さん通信 #77


ベイサイドプレイス博多が生まれ変わりました
 1991年、博多の海の玄関口として「ベイサイドプレイス博多」は誕生しました。
そして、今年、2010年3月11日、五感が潤うコミュニティプレイスをコンセプトに「新生・ベイサイドプレイス博多」として生まれ変わりました。
 高さ100m(展望室の高さは70m)のシンボル「博多ポートタワー」や高さ8m、直径9mの円筒形の水槽「アクアリューム」、 壱岐・対馬航路ジェットフォイル「ヴィーナス」志賀島航路「きんいん」 そして博多湾クルーズ船「マリエラ」などが発着する桟橋がサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフを思わせますね。
「新生・ベイサイドプレイス博多」は、ミュージックラジオステーション「cross fm」やマジックを見ながら食事ができる「ライトハウス」、夢をつなげるオルゴールがいっぱいの「博多オルゴール堂」、子供さんと一緒に遊べる「ミルキーウェイ」、世界のフードコート「The KITCHIN」などお子様から大人までが楽しめる、いつ来ても、だれと来ても素敵な感動に出会える、とっておきのコミュニケーションプレイスです
そして今回の「新生・ベイサイドプレイス博多」のメインは、博多の台所・港の道の駅「博多松金市場」です。
 玄界灘の新鮮なお魚、大分や福岡近郊で栽培された新鮮な野菜はもちろん、九州各地からこだわりの食材が、所狭しと並んでいます。
 そして「博多松金市場」で購入したワインボトルをそのまんま持ち込んで飲めるレストランを併設。いわゆる「ワインの角打ち」ですね。
  そのワイン売り場のすぐ横にあります。「街の珈琲屋さん」と「博多松金市場」がコラボして創ったコーヒー、頑固で優しく切れのある粋な味「博多のこころいき」、そっと包んでくれるような優しい味「博多のやすらぎ」そして大人の珈琲「HAKATA Bayside Blues」
 この3種類のブレンドコーヒーは、「博多松金市場」でしか買えないマスターの「こころいき」で創った美味しいコーヒーです。
 毎月第2金曜日は、港側の入り口付近で、この3種類のブレンドコーヒーの味を知ってもらうために、試飲販売を予定しており、そこでは、美味しいコーヒーの立て方もご提案できるようにしています。
 お天気のいい日のベイサイドはもちろん、しっとりした雨の日のベイサイド、どちらもおしゃれな博多のスポットです。
 ご家族で、大人同士で、是非お立ち寄りください。
 そして、マスター自慢のブレンドコーヒーも買ってね
4月21日(水曜日)で「街の珈琲屋さん」は、満13歳になります。
 有難うございます。
今年も、コーヒーお買い上げ先着100名様に「コーヒーの苗木」を差し上げます。
 すでに数人の客様から「花が咲いたよ」「収穫したので焙煎して」「自分で栽培したコーヒーは最高だね」との声や写真、収穫したコーヒー豆をいただいています。
 楽しみですね
 「ごめん、枯らしちゃった」「大きくなってたのに・・・・」、そんな方も、再度チャレンジしましょう。
4月24日(土曜日) 亀山みゆき プロデュース「音楽って素晴らしい」
 中洲Gate’s 7で、亀山みゆきさんプロデュースによる、―この日あなたもミュージシャンの仲間入りー「音楽って素晴らしい」があります。
何が飛び出すかわからない、みゆきさんの音楽に対する情熱がこの企画にあります。
 チケット・お問い合わせは、株式会社シンフォニア ℡092-683-0525
 マスターの訊かれてもいいかも
5月3日(月曜日) ツール・ド国東
  マスターは今年で10年目のエントリー
「街の珈琲屋さん・銀輪倶楽部」からは、T中隊長、Kヶ嵜朝練隊長、S風くん、I村くん、U野くん、I村さん、H高さん、K藤くん、Mどりちゃん、H男くん、そしてマスターの10名に応援のMりさんとS磨子さんが参加予定です
Aコースは、160km
Bコースは、115km
Cコースは、60km でがんばります
打ち上げは、恒例の杵築「アリラン食堂」での焼肉パーティー
生ビールがおいしいぞ
5月4日・5日 太宰府ちびっこカーニバル
 今年も、the Pure Heartが天神の杜に素敵な演奏を聴かせてくれます
 彼らのほかにもちびっこたちが素敵なパフォーマンスを披露してくれますので、是非応援に出かけてください。
 きっと優しい気持ちにしてくれますよ
5月9日(日曜日) M&A 昼間のミニライブ
  マスター念願の、街の珈琲屋さん店内ライブが実現?
  Miyokoさん(vocal)とAVANさん(bass)のデュオ
やさしい歌声で、心の洗濯をされてはいかがですか
  15:00からのパフォーマンスです
 お気軽にお立ち寄りください
 もちろん入場は無料です
  
ミス・ブラジル 好評発売中
 
  今年のブラジルコーヒーの頂点に立った「ミス・ブラジル」は、2003/2004年度に優勝した「パンタノ農園」です
  2度の優勝は、快挙といえるくらい素晴らしいことなんです
  甘い香りそのままに、口に広がる甘味
  後味の良さは、まさにクリーンコーヒーの代表といえるでしょう
  今年は、51袋(30Kg)のうち、4袋が街の珈琲屋さんに届きました


| 街の珈琲屋さん通信 | 20:37 | comments(0) |
| 1/1 |
ページトップへ