街の珈琲屋さん通信

街の珈琲屋さん通信

 

街の珈琲屋さん通信 №59

あなたのお肌が、すべすべしっとり
須磨子ママの「どくだみ化粧水」
 4月21日で街の珈琲屋さんも、誕生日を迎えます。
 そこで今回は、須磨子さんに、彼女の若さ?の秘訣、「秘伝・どくだみ化粧水」について取材しました。
 「秘伝・どくだみ化粧水」は、顔だけではなく全身に使える便利な化粧水です。
私も髭剃り後はもちろん、お風呂上りには、冬場の乾燥した身体全体の肌に使用しています。(シェイビングクリームやフェイスクリームは使わなくなりました)
 最初は、どくだみの成分で肌が少し赤くなることがありますが、続けて使っているとグリセリンの保湿効果と併せて、お肌がしっとりしてきますよ。
 早速作ってみましょう。
   材料  乾燥したどくだみの葉 100g(街の珈琲屋さんで買えます)
        市販のホワイトリカー  1.8㍑
        グリセリン(薬局で買えます)
 作り方は簡単
① 口の広い大き目のビンに、どくだみ100gとホワイトリカー1.8㍑(1本)を入れ、約10日間漬けておきます
② 中のどくだみを濾します(濾した後そのまま保存)
③ 使いやすいように、化粧ビンに小分けをします
このときに、どくだみの液90%、グリセリン10%の割合で混ぜる
 これで出来上がり。
 
「ミス・ブラジル」好評発売中!!
  昨年10月ブラジル・パトロシーニィオで行われた「第4回Cup of Progressive Cerrado」
  出品数 Washed 部門176品
        Natural 部門194品
  審査員 日本(2名)・アメリカ(1名)・スペイン(1名)・ブラジル(8名) 計12名
        今回は、当店から息子の英男が参加しています
  農園やコーヒーの粒の大きさなど一切関係なく、純粋に味だけで評価する審査方法で、Washed部門1位に輝いた「ミス・ブラジル」は、カルロス・ピッシン氏が経営するエストレイラⅡ農園で栽培されました。
 ブルボン種アマレイロ(ほとんどのコーヒーの実は赤くなりますが、黄色に熟す品種)、さらにピーベリー(丸豆)と言って、実の中の豆は通常2個出来るのが1個しか出来ない、非常に珍しいコーヒーです。
 高い香りとバランスのとれた味は、さすが1位ですね。
 口の中に広がるチョコレートのような味は、絶品です。
花粉症に朗報
◎ べにふうき(紅富貴)発売 0.4gx10包  ¥735.-
紅富貴は、日本で開発された紅茶用の葉です。醗酵せず緑茶に加工しています。
 紅富貴は、花粉症やアレルギーに効果があると報告され注目されていましたが、生産量が少なく入手が困難な商品でした。
 幸いにも鹿児島の生産者から限定量ですが入荷いたしました。
 カップに0.4g(1包)の紅富貴を入れ、沸騰したお湯を注ぐ
 花粉症には、紅富貴1/2+甜茶1/2+凍頂烏龍茶1/2
 アレルギーには、紅富貴1/2+ルイボス1/2+アマチャヅル1/2 が効果的です。
◎ 上田正樹さん情報   1月に2Days ぶっ続けのエキサイトなステージを見せてくれた上田正樹さんですが、9月(あくまでも予定?)に、ご自身のベスト・セルフカバー・アルバムをリリースされる予定です。
  九州で企画されたこのアルバムは、ファンの方々のリクエストを参考に、上田さんの30数枚のCDを新たに聴きなおして収録曲を決定(したのかな?かなり難航しているようですが)
  街の珈琲屋さんもささやかながら協力しました。
  最強の上田バンドで創る、最高のベスト・セルフ・カバー・アルバムになること間違いありません。
  当店でも、予約を受け付ける予定です。
  今後、ホームページ「マスターの独り言」をチェックしてください。


| 街の珈琲屋さん通信 | 10:06 | comments(0) |
日経新聞夕刊より

主要国の一人当たりのコーヒー豆の年間使用量が、日経新聞3月6日の夕刊に出ていた
日本人は、年間約3.4Kgで、ほぼ毎日一杯づつ飲んでいるという
私は、10杯以上飲んでいるのでかなり貢献していると思う
最も多かったのは、フィンランドの12.02kg
上位はノルウェー(9.71kg)・デンマーク(9.04kg)など、北欧が上位を占める
厳しい寒さから、温かいコーヒーを好む傾向にあると思えます


| 街の珈琲屋さん通信 | 18:22 | comments(0) |
| 1/1 |
ページトップへ